宝塚受験生だった40

『名前のところ言わないで身長体重言ってたよ!!汗』


『えーっ(泣)』


前の紙には
・受験番号
・名前
・出身地
・受験回数

と書いてあったのに、


私は名前を言わずに身長と体重を自信満々に言ってしまった…




あの一瞬の沈黙は、どうやらそのせいだった。




私はもう絶対落ちたと思った。


控え室で周りの受験生のことも気にせず大号泣したわーっと泣いていたら、



隣にいた受験生が心配してくれた。



その子も今月組の同期。まっつん(海桐望)だ。




まっつんは昔から今も変わらずずーっと優しい子。




そして仮本科生の方も心配してくれた。




その方は宙組で今も活躍中の娘役さん。


『大丈夫だよ!!今まで頑張ってきたんだから、言い間違えくらいで落ちたりしないよ(^-^)きっと受かるから、学校でまた会えるの楽しみにしてるよ^-^)』


でも、
でも(泣)



と泣いてわめいて騒ぎまくる私に、嫌な顔一つしないでうんうんと聞いてなだめてくださった方…

本当に今も大好きです!





その方と受験生たちのおかげで泣き止み、ダメだったらどうしよう…と意気消沈しながら、ホテルに帰った。