宝塚受験生だった33

冷静に母親に電話

『もしもし、一次受かったから、今から資料もらってスクールいくねー。』


間違えだったら大変だから念の為もう一度見ておこう!



泣いたり笑ったりする波の中に戻ると、知ってる顔がいた。



アーサーだ!(同期のこうがあさひそのときのニックネームは違う(笑))



『チャミー(これもそのときのニックネームは違う(笑))!やったねー☆』


『きゃー!(^∀^)』



アーサーは、同じスクールで、唯一私より背が高くて、白くて素敵で眩しかった☆



私はアーサーが大好きだった(今も大好き☆)




アーサーが初めてスクールに来たのは夏期講習で、すぐに仲良しになった。


アーサーは一番初めに私に『VC3000のど飴』をくれたという思い出を最近話したらアーサーはもちろん覚えていなかった(笑)


でもそれくらいアーサーは魅力的だった!






アーサーを見てテンションが上がって、まるで今初めて発表を見たかのように喜んだ(笑)