宝塚受験生だった

中学校の秋だったかな…

初めて宝塚を生で観られることになった。



初めて見た作品…
『バッカスと呼ばれた男』
1000デイズ劇場で、17列めのセンターブロック下手。


ドキドキした。


電気が消えて『雪組の轟悠です』というアナウンスを聴いた途端に涙が出た。



本物だ!



今から生で観られるんだ!


舞台はあっという間で夢の世界。
一番印象に残ったのは…


ラインダンス

全員の息がピッタリ合って、きれいに足が上がってて、全員元気な笑顔でかけ声も揃ってる!


そのとき、ラインダンスは若手がやるものというのを知らなかった。





私、ラインダンスがしたい!!!