ユーヒ人魚81


オージ『お前はなんでいつもそうやって強がるの?

俺、〇〇〇(アナタ)とユーヒをずっと守るって約束したじゃん…』



ユーヒの肩が少し震えています



年のわりに大人びてるオージは、きっと時間が止まっているネバーランドでも、確実に成長しているのでしょう

以前、オージを見て同じ事を言っていたフック船長が頭に浮かびま



何も変化しないこの世界に
オージはやがて退屈になる…