ユーヒ人魚73


ユーヒ『えっお父さんじゃないの?』


ネバーランドには、あまりにも
違和感があり過ぎる
年配のおじさんに視線を移しながら
予想外のオージの言葉に驚きを隠せないユーヒ


オージ『ユーヒは何で俺の父さんだと思ったんだ?』


ユーヒ『だって…
オージのお父さんはあのアイスクリームの
イラストレーターなんでしょ?
あのスケッチブックの人が、ユーヒのお守りと、同じ画風のイラストを描いてたから…』




それを聞くと

オージは思い出したように
再び、その人物の方へ
歩き始めました


慌てて海面から後に続くユーヒ