ユーヒ人魚72


オージ『え!?俺の父さんがきてる?!』


ユーヒ『うん!こっちこっち』


うたた寝してたオージを遠慮なく起こすと
ユーヒはオージをおじさんとアナタが待つ浜辺に
引っ張って行きました



ユーヒ『ほら♪オージのお父さんでしょ』


顔が判別できるくらいの距離まで近づいた時に
ユーヒは自信満々に、後ろからついて来てるオージに尋ねました



オージはそっと、浜辺の人物を見つめると
顔色を曇らせました

オージ『違う…父さんじゃない…』



ユーヒ『え…?』




(続く)