待っててくれた

『私が戻ってくるまで、ちょっと待ってて?一緒に帰ろうよ』


とか一言も言ってないのに

皆が待っててくれた



たったそれだけの事が、ものすごく嬉しい





多分
待っててくれた事より、自分という存在を
覚えててくれた事が嬉しかったんだと思う





特にトラウマがある訳じゃないのに、昔から

『居なくなってしまったら
そのうち誰も思い出してくれなくなる
んだろうな…』

って考えてしまう自分がいる








だからこそ余計に皆に感謝です

仲間っていいなぁ…



皆さんにもそんな友人や仲間に、もっともっと
恵まれて、もっともっと幸せになりますように…