漫画家になりたかった(前編)

  • 朝比奈ゆうひ 公式ブログ/ 漫画家になりたかった(前編) 画像1
  • 朝比奈ゆうひ 公式ブログ/ 漫画家になりたかった(前編) 画像2
  • 朝比奈ゆうひ 公式ブログ/ 漫画家になりたかった(前編) 画像3
突然ですが過去の話を…



アタシは小さい頃から絵が大好きでした

子供の頃は内気でおとなしくて
自分の意見が上手く言えなくて…
いてもいなくても気づかないような、そんな影の薄い子供でした


だけど唯一、白い紙の前でだけは、思いっきり自分を表現できたんです

それがすっごく楽しくって!
そこから漫画家を目指すようになりました


でもプレッシャーに負けて1度挫折しました



「1週間でプロット(漫画の原案を台本にしたようなもの)を5本、その中から毎月1本、作品作ること」

デビュー、一歩手前の賞を取り、夢が現実味を帯びてきた頃、当時の担当編集者に出された課題です。


プロになるために必要なのはクオリティだけじゃない、締め切りを守れる力も不可欠だから、このような事を言ったんだと思います。

でも当時中学生だったアタシには
荷が重すぎました

つねに時間に追われて、無理矢理描き続けるなんて、アタシには耐えられなかったんです

好きな事を仕事にするって事をナメていた。

子供だったんです


高校生になって恋やオシャレに
目覚めて、いつのまにか、漫画道具は
物置の中へと姿を消してしまいました

完全に普通の女の子に戻っていました


(続く)