星になって・・・

  • 有馬美紀 公式ブログ/星になって・・・ 画像1
こんばんは。 今日は、凄い雨に風にと嵐がやってきたような、1日だった気がしました。 昨日の夜、私達の家族でもあった、猫、トラ子が旅立ちました。

もともと体も弱くって、未熟児だったトラ子・ そして、鼻炎で、いつもくしゃみしていて、女の子なのに、負けず嫌いで、そして、1番の甘えん坊さんでした。

鳴く声も少しハスキーで、小さいからだでいつも一生懸命自分の意思を表していたんだなと今となっては思います。 

ただの風邪だと思っていたけど。。。けっこう重症だったみたいで。。。

一昨日の夜中は、ずっと看病していたんだけど、トラ子の鳴く姿は、はっきりいって、見てられなかった。。。

痛かったんだろうな。。。。

苦しかったんだろうな...

そして、もっと生きたかったんだろうな・・・・


昨日は、病院で、何も食べないので、最善の事をしてもらったみたいで、少し元気を取り戻した様子でした。
でも、私が帰宅して、抱き上げて、なでてあげようと思ったら、急変して、

もう、「私、最期だから」というような顔をして・・・

体中で精一杯鳴いて

いっぱいもがいて・・・

きっと産まれてきたときのことを回想したのか、お母さんのお乳を飲むときにする猫のしぐさをして、

頑張れ、トラ子、頑張って〜〜〜死なないで〜!!!!!!
母と2人で、一生懸命さすってあげたけど・・・

最期の最期まで、息をして、旅立っていきました。


私が帰るのを待っていたんだと思ったとき、なんともいえないような、苦しい気持ちになりました。



なんて、おりこうさんなんだろう。。。

トラ子のお父さん、ミータもそうでした。 母の帰りを待って、母の腕の中で旅立った。。

介護を手伝っていた近所のワンちゃん、ボンくんもそうだった。。。

昨日は、いろいろ、考えちゃいました。 動物達が私に何か大きなメッセージを伝えているようで。。。

一生懸命病気と闘っている、生き様とする姿、たくましかった。 

今は、ただただトラ子がもう甘えてきてくれないという寂しさでいっぱいですが、言葉にできないほどの大きな感動を与えてくれたんだなと思い、もう1度抱きしめてあげたかったなって思います。

もしかしたら、猫の姿をした、私の大切な友達だったのかなって思います。

今度は、大空に光輝く星になって、楽しいとき、そして辛いとき、いつも私を見守ってくださいってお願いしたいです。 

うちの猫として、我が家にいてくれてありがとう。 

残されたマーブル(トラ子と姉妹)を悲しませない様に、私達もトラ子の分頑張るからね。。。

心からありがとう。。。輝く星になってね・・・

トラ子、また会う日まで〜