届いた祈り、届けたい想い

被災地に住んでいる友人がいて、ちょうど1ヵ月前の震災直後にメールを送ったんだけどずっと返事が来ず、電話もつながらず、“生きてるはず”って思いながらも不安で、メールが来るたびに“来た!”って思って携帯を開いても違う人からという日が続いた。

テレビの報道でその友人が住んでる土地の避難所の様子が映し出されるたびに、メインで話してる人の後ろに映ってる人々を画面の端から端まで探した。
でも見つからない。

まさか…

そんな考えもよぎるけど“いや、生きてるはず”と希望を持って祈っていた。

そして震災から数日が経ったときに連絡が来た。
「心配かけたけど無事です」と。

心底ほっとした。

陸前高田に住んでるその人はその日たまたま盛岡に行っていて、盛岡で震災にあったらしい。
そして陸前高田にある家と家族の元に帰るのに数日かかり、携帯の充電も切れて連絡手段もなくなってしまった。
そしてやっとの思いで地元に辿り着き、家族との再会を果たした。
みんな無事だったことを聞いた。
でも一生忘れることの出来ない思いを抱えることになった。

震災から1ヵ月が過ぎた。

まだ災害の爪あとは鮮明に残り、人々の心は癒えることなくあの日のまま続いている
でも前に進んでいかなければならない。
どうにかして助けになりたい思いでいっぱいだ。

どうか強い心で今をしっかり生き抜いてください。
そしてこれからの苦難を乗り越えてください。
たとえ土地を追われることになっても行く先の地に足をつけて踏ん張ってください。踏ん張る力があればまた来たるときにその足で動き出すことが出来ます。

日本中のみんなが救いの手を差しのべています。
あなたのことを想っている人がいます。
あなたは一人じゃない。
どうか強く生きてください。

 
  • コメント(全4件)
  • 若†極卍會†乱咲 
    4/12 02:07

    私も元同僚が、岩手県の大槌町に住んでいました。震災直後から連絡が取れず、ニュースで町民の半分以上が行方不明と流れた時には息を飲みました。

    ずっとずっと連絡が取れなくて、どの避難所リストにも載ってなくて…。

    電話も何回したか判らないくらいして…それでも繋がらなくて。メールもしたけど、たくさんしたら、もし繋がった時に受信するのが大変かと。そんな毎日が3週間くらい続いた、ある日

    その同僚からメールで『何とか生きてます』って。

    嬉しかった。生きててくれた。そうして、私は大泣きしてしまいました。

    誰かがそこに居るという喜びと安心を。忘れがちになるその想いを。どうか忘れませんように

    どうか今一度、当たり前のようにそこに居てくれる『誰か』を大切に想って下さい。それはとても幸せな事

    震災でその想いが途切れてしまった『誰か』のためにも。

    私たちが忘れてはいけない事。
  • にしん(モンプラ誘い×迷惑しています) 
    4/12 05:46

    お友達が無事で本当に良かったで
    震災で多くの方が亡くなり家を失い 皆さん辛い思いをされているかと思うと
    涙が出ます
    私の出来ることは何かないかと考えます
    とにかく出来る範囲内の募金しか思い付かなく

    ごめんなさい
    皆さんが1日も早く安定した生活が送れるよう支援していきたいと思いま
  • なつみん♪♪ 
    4/12 06:46

    おはようございます
    の話よくわかります
    も同じでしたから。。違うのは、お友達ではなく、気仙沼の友達のお母様でした。ご無事で何より
    きてさえいれば、何でも出来ます
    は今日も元気
    お仕事
    ってきま〜す

  • ころ☆ころ★コロン 
    4/12 12:03

    良かったですね(*^.^*)

    復興の最中の余震続きで
    疲れでしょうね(≧ヘ≦)


  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)