韓流ドラマ

  • 荒井英夫 公式ブログ/韓流ドラマ  画像1
  • 荒井英夫 公式ブログ/韓流ドラマ  画像2
  • 荒井英夫 公式ブログ/韓流ドラマ  画像3
相も変わらず、毎日3本〜5本

韓流ドラマを見ることが、私の日課に

韓国は、あまり好きではなかったが

ドラマを見て、

韓国がものすごく

近くに感じるようになり

暇があれば、韓国に遊びに行く

事の始まりは

2011年1月11日から2 月16日まで

TBS韓流セレクト枠にて

毎週月曜から金曜

10時05分 - 11時00分に放送された


「天使の誘惑」を見てだ

この物語の奥深さ、

ドキドキしてた所から始まる


今回見た「トンイ」は

その時の主人公の2人が出てる



ぺ・スビン

1976年生まれ。2001年『クラブ・バタフライ』でスクリーンデビュー。鬼才ウォン・カーウァイ監督の推薦で中国北京映画学校で演技を勉強。中国語を独学でマスターする程の努力家。2004年から韓国に拠点を戻し、着実に演技の幅を広げ、『朱蒙(チュモン)』『華麗なる遺産』など高視聴率ドラマには欠かせない存在。同世代スターとは一線を画した、実力派俳優


イ・ソヨン

1982年生まれ。ぺ・ヨンジュンのスクリーンデビュー作『スキャンダル』でペ・ヨンジュンと魅惑のシーンを演じ一躍名が知れ渡る。その後ドラマ『春の日』ではチョ・インソンと、『新入社員』ではオ・ジホとベッドシーンを演じている。あどけない顔の中にも挑発的なセクシー美漂う雰囲気で男性ファンを魅了。


2週間前に、トンイを見始める

このドラマなんと、60回もある

本日、夜中から10本も見て、完結するが

いや〜〜感動

テレビドラマ『トンイ』は、

李氏朝鮮時代第21代王・英祖の生母で、

粛宗の後宮であった庶民出身の淑嬪崔氏トンイの

波乱万丈の人生をドラマ化した韓国で大ヒットの作品です。


これから、昨日韓国で放映された

金の化身を見なくては