第41回フェニックスバトル ラウンドガール 編

  • 荒井英夫 公式ブログ/第41回フェニックスバトル ラウンドガール 編 画像1
  • 荒井英夫 公式ブログ/第41回フェニックスバトル ラウンドガール 編 画像2
  • 荒井英夫 公式ブログ/第41回フェニックスバトル ラウンドガール 編 画像3
2013年1月5日 後楽園ホール

3試合のラウンドガールを行う

予定だったが

井上尚哉・松本 亮は、

ともに1RKOの為

ラウンドガールは出来ず

しかし、

第20代WBA
世界ミニマム級チャンピオンの
八重樫選手

9RKO勝ちのため

2・3・4・5・6・7・8・9と

8回もラウンドガールが出来た



■八重樫東(大橋)

VS 10R  9R2分52秒 KO勝ち

サンムアンローイ・ゴーチャットジム

(タイ/WBCアジアコンチネンタルフライ級チャンピオン)

ラウンドガールのトップは

5000円札で有名な、新渡戸稲造の一族である

アクア新渡戸が

続いて

お笑い芸人でグラビアアイドルのゆーびーむ

最後は、新人ののづゆりが


しかし、全員が1RKO勝ちだったら

ラウンドガールが出来なかった

八重樫選手、チャンスをいただき

ありがとう!