横浜市国民健康保険特定健康診査

  • 荒井英夫 公式ブログ/横浜市国民健康保険特定健康診査 画像1
  • 荒井英夫 公式ブログ/横浜市国民健康保険特定健康診査 画像2
特定健康診査の対象となる人



つぎの(1)、(2)いずれかに該当する方が対象となります。
(1) 平成23年4月1日以前から引き続き横浜市国民健康保険に加入している方で、平成24年3月31日までに40歳〜75歳の誕生日を迎える方(国の基準による対象者)

(2) 平成23年4月2日以降に横浜市国民健康保険に加入した方で、平成24年3月31日までに40歳〜75歳の誕生日を迎える方(横浜市独自の対象者)



特定健康診査の実施内容(検査等の項目)


特定健康診査は、内臓脂肪の蓄積に起因する高血圧症、脂質異常症、糖尿病等の生活習慣病を早期にみつけるため、次の項目で実施します。


受診者全員が受ける検査項目(基本的な項目と横浜市国保の追加項目)





検査等の目的

検査項目



問診・診察

生活習慣病の治療状況や生活習慣を知る

問診
(服薬及び喫煙歴、食事、運動、睡眠等生活習慣



自覚症状や他覚症状を診る

身体診察



検査の項目

内臓脂肪型の肥満かどうか

身長、体重、腹囲測定
BMI体格指数 (体重kg÷身長m÷身長m)



高血圧かどうか

血圧測定



脂質異常かどうか

血液検査(中性脂肪、HDLコレステロール、LDLコレステロール)



糖尿病かどうか

血液検査(空腹時血糖、ヘモグロビンA1c)
尿検査(尿糖)



腎臓の機能の状態はどうか

尿検査(尿蛋白)
血液検査(※クレアチニン、※尿酸)



肝臓の機能の状態はどうか

血液検査(GOT、GPT、γ−GTP)



膀胱・尿路系に異常はないか

尿検査(※尿潜血)




※印の検査は、国が定めた特定健康診査の基本的な項目以外の検査です。(横浜市国保独自追加項目)


国の実施基準に該当し、医師の判断により必要とされた場合に受ける検査項目
(詳細な項目)



検査等の目的

検査項目



貧血はないか

血液検査(赤血球、血色素量、ヘマトクリット値)



心臓の機能の状態はどうか

心電図



動脈硬化等血管の状態はどうか

眼底検査




【詳細な項目を実施する国の基準】
1 貧血検査を実施する基準
貧血の既往歴がある人、 又は医師の診察で貧血が疑われた場合に検査を実施します

2 心電図検査及び眼底検査を実施する基準
前年度の特定健康診査の結果等において、次の(1)〜(4)までのすべての項目の検査結果の基準値に該当した場合に検査を実施します。
(1) 内臓脂肪の蓄積状況の結果
腹囲が男性85cm上 女性90cm以上又はBMIが25以上
(2) 血糖の検査結果
空腹時血糖値が100mg/dl以上 又は ヘモグロビンA1cが5.2%以上
(3) 脂質の検査結果
中性脂肪が150mg/dl以上 又は HDLコレステロールが40mg/dl未満
(4) 血圧の測定結果
収縮期血圧(最高)が130mmHg以上 又は 拡張期血圧(最低)が85mmHg以上



特定健康診査の受診料(窓口での自己負担額)




1,200円
※ 特定健康診査を受ける際に、健診機関の窓口でお支払いください。
※ 平成23年4月1日以前から引き続き横浜市国民健康保険に加入されている方で、 前年度(平成22年度)の市民税が非課税の方は、自己負担額が400円に軽減されることがあります。




特定健康診査の実施期間




特定健康診査は、横浜市国民健康保険が委託した健診機関において、次の実施期間に、受診することができます。

● 平成23年4月から平成24年3月31日まで


この期限が来るため

近所の病院で検査に行くが

横浜市の1200円と安いために

病院が嫌がるみたいだ

私の近くに医院があったので

08:50に電話してから診察に行く

同じ町内の佐治内科だ

53年このこの町内にいるが知らない医院だ

創立何年か聞いたら37年もたつらしい

たまたま、市の実施機関区別一覧表に出て

町内会ので2〜3分でいけるので

診察に行く

血液検査の実施だが

どうも、市の検査の為や安いらしい

そこの、70歳すぎの内科医に

普段、行きつけの病院に行った方が良いと

ほかの病院の患者を診る義務がないと言われた

別に反論もせず終了したが

こんなことを言う病院は信用ができないと感じる