ステルスマーケティング

随分かっこいいネーミングに、

昨年まで大学の教員を行っていた時には、

スポーツ産業論の授業で使った言葉で、

その時は、プロダクト・プレイスメントと

意味は同じだが、こちらのがなぜか聞こえがいい



ステルスマーケティング

(Stealth Marketing)

とは消費者に宣伝と気づかれないように宣伝行為をすることである]

具体的には、あたかも客観的な記事を装った広告や、影響力のあるブロガーが報酬を得ていることを明示せずに、第三者的な立場を偽装して、特定の企業や製品について高い評価を行うことなどがあげられる。この行為自体は刑事事件にはあたらないものの、モラルの観点からしばしば消費者団体などから非難を受けることがあり、また「やらせ」が発覚すれば消費者からの信用を落とすことにもつながりかねない。

このように、自身の身元や、宣伝が目的であることを隠して行われるため、消費者をだます側面を持ち『サクラ (おとり)』や『やらせ』との線引きが困難であるため、アメリカでは、マーケッターと「関係」の有無や、「金銭授受」の有無などを明らかにすべきという「倫理基準」を設ける動きが出ている。日本においても、マーケティングの教科書に「倫理」という新しい項目が加えられるなど、企業倫理の一環として「マーケティング倫理」が意識されつつある。