マイクロシーベルト

  • 荒井英夫 公式ブログ/マイクロシーベルト 画像1
放射線量が一時1557マイクロシーベルトに、

枝野氏説明

爆発で外壁の一部が吹き飛んだ、

福島県の東京電力福島第1原発1号機の原子炉建屋
12日午後(東京電力提供)

枝野幸男長官は13日午後の記者会見で、

福島第1原発周辺の放射線量について、

午後1時52分にこれまでで

最も多い1557・5マイクロシーベルトを観測したが、

2時42分に184・1マイクロシーベルトに低下したと説明した。

また、福島第1原発の問題に絡み、

避難の状況で新たに対応する必要はないと語った。

しかし、聞きなれない言葉どの程度のものかわからず

いち早く、避難するのが賢明かも

 
  • コメント(全0件)
  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)