グアム旅行記ぁ懃腟は亜

ホテルに戻って携帯メールで友人のホテルのロビーで待ち合わせに変更。



待ち合わせまでまだ一時間あります。




「そうだ!」



ホテルの隣にあった店に行ってみました。




「いらっしゃい。どれにしますか?」



「357マグナム」




久々に銃を撃つ事にしました。




6発×3セット撃ち、結果は80点くらい。




そんなに銃を撃つことにモチベーションはないんですが、あまりにも触ってないと腕が鈍りますからね。




もしもの時のために(笑)。



ちなみに成果は80点くらいでした。



さていよいよご飯。



正直、数日間全て1人ご飯かと思うと気が重かったのでまあまあテンションが上がります。




この友人はやりすぎな程サバサバしているタイプなのでブランクがあっても違和感なく喋れますし。



無事合流し、ホテルロード中央のシーフード店に入店。




「青木さん今日は何したの?」



「スカイをダイビングした」



「いいなあ!やってみたいんだよね」



「いや、いいとか幸福感とかはあんまり感じないぞ…(-_-)」



「怖かったんだ?」




「そういうもんだと思ってたから怖くはなかったけど、普通の人はね。リピーターがほとんどいないって話が全ての答えだろうな」



「じゃあもうやらないの?」



「いや、精神的な訓練の意味で必ずまたやる。ところで一人旅とかよくするの?」



「うん。一昨年はラスベガスに一人で行った」



「すごいな。ラスベガスは地図がかけるくらい詳しいから俺も行ってみようかな」




料理は僕の好きなカニの足とサラダ、シーフードソテー盛り合わせを注文。



サラダ以外は結構美味しかったです。




二十二時まで飲んで話して、ブラついて解散。




他に話した内容はお互いの現状や人生観。




期待していた人には申し訳ありませんがロマンスは産まれませんでしたよ(^_^;)




グアムで会う筈の無い人との晩餐は、まるで蜃気楼のような夜だったなあ…。




ホテルに戻ってバドワイザーを開け、寝る前に持って来た最新のドラクエモンスターズをちょっとやってこの日は終了。






朝6時に目が覚めると3日目。




お風呂に入って、初日の夜に買っておいたターキーのハムを食べ、7時半にロビーへおります。



今度のお迎えは…