グアム旅行記◆惷から落ちる現実』

なんと、DFSに並列されていたプラネッドハリウッドは、無くなっていました。



かつてのグアムのメインストリートの象徴的な看板だったのですが、影も形もありません。



「これは…」



ご飯を食べようとは思っていませんでしたが、初グアムから待ち合わせに使ったりしていただけにいろんな意味でショックです。



「明日の待ち合わせはどうしよう…」



まあとりあえずなんとかなるかとDFSに入ります。




中も昔と変わっていましたが、不思議な文字が各店舗に。



「sale」



なんとGUCCIやPRADA等の直営店がsaleをやっているらしいのです。



聞いてみると、どうやら日本だけやらないそうで。



「日本…しっかりしろよ…(-_-)」




今回は予算を遊びに使うため、安い品を一つ買って、いよいよディナーに向かいます




向かった先は、六本木でもたまに入る



『アウトバックステーキ』



日本に出店する前からこの店で食べてきたので、今回は思い出巡りの一環として初日の晩御飯をこちらでとる事にしました。



そばにうるさい日本人の酔っぱらいグループがいた事以外は味もサービスもグッドジョブ。




「1人? 彼女は?」




「いない…けど」



ウェイトレスさんの質問に答えると隣に座って記念写真を撮ってくれました。




寂しそうに…見えたのかな(-_-)



アメリカ圏で食べるステーキはやはり美味しく安かったです。




ホテルに戻ってバドワイザーを二本開け、この日は一時に寝ました。





そして2日目。


なんと6時半に目が覚めました。



本能の仕業?



これにより朝食を食べる時間ができたので、リーフの隣のウェスティンのビュッフェに向かいます。



以前来て良かったので




朝ですが僕にしては多めに食べます。



しかしお腹がいっぱいになり眠くなったので30分程仮眠をとり、お風呂に入ってロビーへと。




何故ならば。




今回の目玉、スカイダイビングの迎えが来るからです






スカイダイビング。




といえば聞こえはいいですが単純に遥か上空から



“落ちる”



ワケです。




まあね、一回落ちてみたかったんですよ。



死なない程度に。




しかし想像を絶する世界が僕を待ち受けて…おっと、字数がない!


続きます