編集者論

バクマンの最新刊を読んだら新人編集者と新人漫画家の話だったのでコラムにしてみようかと。



編集者はですねぇ…まあ本当に相性とか当たりはずれがあるんですよね…。



どんな編集者とも普遍的に素晴らしい仕事ができるとかって…少なくとも僕が見てきた限りだとそんな作家さんはいないんですよ。



というのも、漫画家は作家性が重要ですからエキセントリックな人が多いんですが、編集者も案外に変わってる人間が出てくる場合が多く。



フリーならともかく、サラリーマンでエキセントリックって、ちょっと微妙でしょう



これは能力の話じゃなくて性格の話なんですけどね。



新人漫画家を物以下に扱ったり、異常に上から目線だったり異常に囲いたがったりする編集者は数多く見てきました。



といっても、さすがにこれくらいのキャリアになると何も言われなくなるんです。



だから問題なのは新人の頃でしょうね。



僕なんか転職組みなのに物凄い理不尽に囲われようとされたりしましたから。



力を認めてくれているから囲いたくなるのはわかりますが、専属契約も無く、自分の会社も含め他紙に書くなと言われても困りますよね?




新人漫画家だと、酷い編集者にあたるともっと理不尽に言われたりします。



また、バクマンにも過去でてきた


“担当の言うとおりに出したら編集会議では間逆の事を言われた”


なんて話は当たり前にあるので、担当がついたといっても手放しで喜べないかもしれません。


原作者と比べて漫画家さんは描く手間がある分大変ですしね。




ただ、当たり前ですが素晴らしい編集者も沢山出会ってきまして、そういう人と異動で別れるのは非常に辛かったです(案外異動先が全く関われないようなセクションだったりしますからね)。




新人のうちは中堅クラス以上が、新人編集者にはベテランが担当につけばお互い成長も早いでしょうけど、持ち込みは若い編集が見るのが通例なのでそうそううまくはいきません。




先生方はアシさんに、どんな編集者ともうまくコミュニケーションをとる事を教えたりもしますが、その考えだけではすまない場合も…僕は見てきたので、こればかりは運としかいいようがないですよね。



もちつもたれつ、お互い勉強。



これを体現している“大人”の担当に当たったら、運が良かったという事で(^_^;)。

 
  • コメント(全2件)
  • さっち) 
    8/7 13:46

    結局は人と人との付き合いですものね。ムズカシイし面倒だったりするけど、それを一つ一つこなしていくのが大人だと思うのですよ

    自分もちゃんとした大人になりきれてませんが

  • ぐぅ 
    8/9 12:35

    お互い人間なので思うようにいかないのが辛いですねぇ。
    ガッチリ合ったときには爆発的に前進しますし

    そこが楽しいから人生止められないですな。
  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)