窪は切ない夢を見る09『帰ってきた心意気』

「のぞみちゃんあんまり窪さんに絡まないでね」



「だってウサミン、痛風があたしを怪獣扱いするんだもん」



「アタシも痛風扱いされてますが…」



「そりゃ本当でしょ! あたしは怪獣じゃないっつーんだよ!」



怪獣並みに酔っ払ってますよ…



「泰明さんごめんなさい、のぞみは酒癖が悪いの」



「ハハ…」



確かにいい事も悪い事もいつも釣り合いとれてます…ね。



「こちらの中年の王様は貫禄ありますね」




「おっ! そうですか?…店員さん、いい人だ…」



「んな訳ねーだろ、お世辞だよ」



怪獣には聞いてない…



「王様のお名前を教えてください!」



「窪泰明です」



「王様お仕事は何をしてらっしゃるんですか?」



「漫画の主…原作者です」



「まあ泰明さん、作家なんですか? 凄い!」



「だから王様、知的な感じが漂うんですね!」



おお今日はいい日だ…



「わかる?」



「わかるわけねーだろ、地蔵にしか見えねーよ、石だ石!」



「また怪獣め…」



「ナニイ?」



あっ! 心の声を口に出しちゃった…



「まーまー! 僕の一気に免じて許してください! 飲みまーす!」



この店員さん、機転が利きますねぇ…



しっかしぞぬみ帰らないかなあ…



「ングッングッングッ…ぷはあ〜飲みましたー!どうですか僕の一気!」




「あの…ちょっと量の割に遅いね…心もこもってないなあ」



「えっ!」



「店員さん、この泰明さんは一気飲みの凄い人なの」



「えーっ! どうりで! 最初からただ者じゃないと思ってました! 王様一気、僕見たいです」



「えへへ、そう? じゃあ見せちゃおうかな? この店で一番大きい器ある?」



「かしこまりましたァ!」



真由美ちゃんにかっこいいところを見せないといけませんからね。



「へい花瓶おまちどう!」



…本物の花瓶じゃないですか…いいけど。



「窪、行きまーす!」





「おお、アムロが見える!」





「ングッングッングッングッングッングッングッングッ…」







「凄い…!」









「ングッングッングッ…ングフォッッ!!」












アタシは久々に












空を飛んだ。









ような気がしました。