ストーリー講座『起承転結』

ちょうど質問もありましたが今回は起承転結のお話です(主にショート用)。


起承転結とは



話を起こし(起)


それを受けて(承)


話が終わりに向かって転がり(転)


結ばれる(結)


というようなストーリー構成の作り方です。



基本的ではありますが、エンターテイメントとして成立するには意識しておく必要があるでしょう。



まず『起』


に関しては、前回の


“掴み”


を盛り込んでいれば大丈夫だと思います。


わかりやすくセンセーショナルOrドラマチックに書いてくださいね。

また、ここで主人公の人間性や環境がある程度わかるといいでしょう。




そして


『承』



ですが、新たな登場人物等追加物はここで出すべきです。


起の段階でキャラクターが多いと、漫画小説を問わず読者にストレスを与えます。


ので、起では主人公、追加キャラは承。


これがスマートな流れです。



そして起承転結で一番重要なのが



『転』


です。



ここでどれだけ読者の意識をいい意味で裏切られるか。


それまでの起承を、読者の意識を裏切るための道具に使い、クライマックスに向かってドラスティックに物語を加速させる事が転の役割。



ですからここを先に考えるのは悪いやり方ではありません。


むしろ最初のうちはその方がいいですね。


注意するなら、転から考えて、そのために起承を作る場合、読者が読みやすいパターンを作ってしまいやすいという可能性もありますし、キャラの走りを邪魔する場合も出てきます。



例えば僕の場合は、ストーリー講座の中身に反するかもしれませんが、最初と最後だけなんとなく決めるだけで途中はほぼアドリブなのでキャラが走りやすく読者が先を読みにくいというメリットが生まれます。


キャリアの成せる業なので初心者には進めませんが、転というアクティブなパートから考えて逆算制作すれば、上のメリットは逆の結果になる事もあります。


解決策としては、ある程度試したらやり方を変えるのがいいですかね。


今回は起から、次回はまた転からみたいな。



さて最後は


『結』


結はクライマックスでありエンディングでもあります。


それまで広げた風呂敷に畳み残しが無いかを考え、読後感を意識した結を用意してください。



初心者のうちはこの起承転結、徹底した方がいいと思います。