漫画の原作の難しさ

バクマンが流行っているせいか、漫画の原作をやりたいという人が結構増えてきましたね。



しかし、漫画の原作者になるのははかなり難しいと言えるでしょう。




基本、漫画の原作は専門知識に寄るところが多く、監修的役割を兼務する場合もよく見られます。


つまり、実はストーリーテラーはあまり必要とされていないんですね。


これは編集者でもストーリーを考えられるのが原因で、費用を使ってストーリーを考えてもらわなくても…という事です。


ちょっと面白い話がかけるだけならいらない。


編集者の伺い知らない専門知識を持っているなら原作を、というシステムが一般的と言えます。


ですから、得意ジャンルをしっかり持っておかないと最初に仕事をもらう事がなかなかできない訳ですね。






それだけに原作者になる場合は様々なジャンルの勉強をしておくべきです。



単に面白いお話を考えたから原作をやってみようというのは基本通用しないと思った方がいいでしょう。



上記の一般的な例に加え

“編集者と仲がいい”



“力のある漫画家と仲がよくてその人が描いてくれる”




場合も仕事の依頼がありますが、どのみち初心者には難しいやり方になってしまいますから、最初はまず


“専門知識”


を勉強する事が最大の近道だと思います。



専門知識を駆使した面白い&人があまり知らない話が書けるのが、編集者が欲しがる原作者像ですから。




何作か書いている方でも漫画家と違い固定ファンがつきにくいため、長く続ける事が難しいのが原作者で、まして他業種を経験しないままいきなり原作者デビューするのは、針の穴を通すような確率になってしまうでしょうね。




ではバクマンは?




あの漫画ではデビュー前からコンビができているために編集部がスンナリ原作者つきを認めているんですよね。


藤子不二雄さん、ゆでたまごさんなどと近いパターンです。



と、狭き門について書いてはきましたが、それでも絵がかけなくとも漫画を作れ、ましてや自分が業界に入る前から知っている有名漫画家さんに自分の作画を描いてもらうなんて嬉しい事で、そうした嬉しさのためなら、苦労してみるのもアリだとは思います。


本気でやりたい人がいれば原作志望の弟子をとってもいいんですけどね。




今日はこんなところで。



明日はついに“あの”新作のプロローグです。