バクマン感想

最近

「漫画家になりたいです」

とか


「どうやったら漫画原作者になれますか」


と質問される事が増えてきたなあと思っていたら。


「先生、それはバクマンのおかげですよ。読んでみてください」


と知人に言われたので週末に半分くらい読みました。


漫画家になるのがサクセスストーリーとはまた思い切ったテーマですね。


古くは藤子不二雄先生の

『まんが道』


がやはり2人の漫画家サクセスストーリーを描いていましたが、バクマンは現代、それもジャンプに特化されているところが凄いです。


何が凄いって普通の人が読んでもピンとこないかもしれませんが、漫画中のアンケートや様々なルールはほとんど本物で


「うわ、こんなのよく公にするな」


と声をあげた箇所もあります。


奇しくも先日書いた

「編集の当たりはずれ」

も描かれていましたし。



ちなみに登場人物も僕は上の人しかお会いしていませんが、鳥島さんや茨城さんも実在の顔や性格のまま出ていて…ここまでやるか的なリアルが人気の秘密なんでしょう



現実と違うところを探すならば…



そうですね、ジャンプの編集の方はもっともっとストーリーに口を(時には原作もかいたり)出しますかね。


主人公コンビは原作つきだからあまり言われないのかもしれませんが。



個人的には僕が一本だけですがジャンプで仕事をするキッカケになった瓶子さんが副編集長になって登場していたのが驚きです。



ちなみに今はスーパージャンプさんとヤングジャンプさんに僕の担当がおりまして、そのうち書く予定です(^_^;)。


まずはモーニングさんのつもりですが。



バクマンの持つパワーは画力と原作のマッチングが醸し出していると思われますが、おそらくお二人がデスノートで成功していなければあそこまでの密度ではgoが出なかったと思います。


デスノートがブレイクしたからこそ、読者にあのコンビの密度が受け入れられるようになったのを編集部が計算しない訳がないですから。



作者の大場つぐみさんは面識はないですがその昔ラッキーマンを描いていた方だそうで、画力の限界を感じ原作者に転向されたとか。


そう考えれば素晴らしい展開で今日の成功を手に入れた訳ですよね。



少年ジャンプは原作はネームまでという独特なスタイルのため、漫画家経験者にはピッタリですし。


続きも読もうっと