終着駅・あとがき

やっと終わりました。


僕にしては初の重いテーマだったのですが、それ以上に負担だったのは、後半数話は毎日泣きながら書いていたからです。





何故かと言えば。






さっちゃんは…本当にいたからです。






僕が昨年秋に会って一ヶ月の間…


ですから、さっちゃんのくだりは実話がベースになっておりまして、癌という事をのぞけば主人公の様々な葛藤は僕の感情そのものでもありました。


奇しくも一昨年尊敬し色々と教えを頂いた三沢光晴さんが鬼籍に入り、昨年1月には一緒に会社をやる筈だった友人も同じく。

女性として久々に惹かれたさっちゃんまで…



そうした連続で大事な人を亡くした心の中身がこの終着駅に影響を落としているのです。


「何故こんなに悲しい話なの?」


とコメントした方がいらっしゃいましたが、それは僕の人生がベースになっているからで、その台詞自体は僕が自分の人生に抱く疑問でもあります。


悲しい思いを沢山して、作家としては成長したと思っておりますが、その分ダメージも大きい。


当たり前ですよね。


しかしそれを文にする事で、僕にしかできない


“文葬”


になるのであれば、悲しみと闘い形にする価値はあるかと思っております。




2人の呼び名を始め、さっちゃんの言葉のいくつかは、本人が本当に僕に言ってくれた言葉で、彼女と渋谷を歩けなかった事は本当に僕の中では悔やまれるエピソードでした。



彼女の台詞を書くときは、彼女が発した台詞は勿論、作品オリジナルのものも全て彼女の声で聞こえてきます。



そんな時は嗚咽のあまり、書くのをストップせざるを得ない事もありました。


そうした辛さに途中投げ出そうかと思った事も、何度もあり、冒頭で


“やっと終わった”


と書いた意味はいつもと違って泣きながら書く事から解放されるという意味でもありました。



それほどまでに辛い物語を完遂できたのは、紛れもなく皆さんのコメントでの『僚ちゃん』に対する励ましがあったからです。


もうおわかりでしょうが、コメントはそのまま僕『良ちゃん』に刺さったのです。



ありがとうございました。



これを完遂できて、人間的にも一つ成長が出来た気がします。



僕の絶望の中から産まれた『終着駅』はいかがでしたでしょうか。


そして、この物語を…



『さっちゃん』



に捧げます…。

 
  • コメント(全14件)
  • ゆらら‡皆様に感謝‡ 
    2/26 14:44

    そんな 辛い裏話が有ったとは…

  • ころ☆ころ★コロン 
    2/26 15:00


    わたし
    いつも
    間には様々なドラマが有るなと思います

  • *凜* 
    2/26 15:05

    思い出してあげる事は、一番辛いこと

    でも、思い出せると言う事は、その人が大事だと言うこと

    思い出してあげる事は、その人のための一番の供養になるという事

    文字にしたり、言葉に出す事って、すごく辛いですけど、みんなから思ってもらって、良かったと思います

  • のぶぶ。≪多忙コメ無し。m(__)m≫ 
    2/26 15:07

    よかったよ
    りがとうでし

  • みんみ[育成中] 
    2/26 15:28

    さっちゃんは今でも青木先生が忘れずにいることを嬉しく思っていると思います
  • アキラ 
    2/26 17:25

    これからも応援しま
    作家活動頑張って下さい

  • 瑠輝 
    2/26 19:08

    実話も盛り込まれているという事もあって、切なさや哀しさ、悔しさや無力さ、尊さなどをヒシヒシと伝わってきました

    アンハッピーエンドでしたが、
    凄く引き込まれました。

    これからも素敵な作品を待っています。


  • さっち) 
    2/26 20:37

    そんな実話がベースだったとは…
    辛い作業でしたね。
    乗り越えて、前に進まなくてはー
    ですね

  • ☆LastAngel★【G.M号】†病ミ病ミノ実† 
    2/26 21:22

    辛い事も乗り越えなくてはいけない事を教わりました

    こころ が温まる作品ありがとうございました

    次回作も楽しみにしてます

  • 淳茶々(イベ:ボチボチ) 
    2/27 00:52

    お疲れ様でし



    さっちゃんは…実在していたんですね。


    きっと…さっちゃんも、
    ありがとう って、思ってるかもしれませよぉ



    死には…自らの死を選んだら…遺された人に哀しみだけが重く残り
    思い出すだけで、辛い。

    病気の死は…亡くなってからは…思い出を語られる


    どうして…
    違うでしょうね!?


    これからは…さっちゃんとの思い出を大切にして下さい。


  • уоц☆ ありがとう 
    2/28 00:50

    一気に読みました


    ない…

    お疲れさまでした
  • ころ☆ころ★コロン 
    2/28 08:49


    オッハヨ~


    2月最終日


    元気に
    りましょ(*^.^*)


  • 六代目 河内鉄生命@忘れてたわ( ´_ゝ`) 
    3/9 01:43


    お疲れ様でし

    『終着駅』一気に読みまし

    消滅点へと向かう辛く苦し
    だけの話かと思いき
    こんな終着駅なら希望と共
    向かえると少しホッとしました

    素敵な文葬をしてもらった
    さっちゃんは幸せ者ですね

    少しうらやましいです…

  • +瑤+ 
    10/5 04:33


    いつかあえるから

    まだまだ自分で寿命きめるひともいたら、精一杯の感情がいのちの器をいっぱいにする「すき」だったり「また会うをだから」 …これからの自分のさきがあかるく見えそうなきがしました。

    おもって、おもわれて、初めて繋がりがあるって、期間なんて関係なくて、出会ったことに「ありがとう」

    自分はまるっきり反対、のことやをして誰かのこころ揺さ振ってたかもしれません。

    じぶんらしく

    最高のお手紙ですよ! !
  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)