ジ・コントローラー〜司る者あとがき

ようやく終わりました。

長かった…。


コントローラーは、プロファイリングを攻撃的行動とミックスしたら…という僕の日常に極めて近い題材を

『宗教という非日常的シチュエーションにぶつけてみたら面白いかな?』

と考えたものです。


プロファイル+攻撃的行動というのは犯罪捜査では『メンタリスト』などドラマでも例があるんですが、それ以外では全く無いので、それでは実験的に書いてみようと思った次第で。


当初は15話くらいで終わりたいと思っていたのですが、丁寧にやったらなかなか終わらなくて苦笑いしながら書いておりました。


なにしろ僕はなんとなく程度しか終わりを決めないので。


非常に困ったのは、このGREEブログは書き込みが約1000文字までなんですよね。

メール送信すると長いのも平気みたいなんですがそれにはインフラ整備が必要のようで。


ですから、精神世界と分析を少ない文字数でどこまで解説を含め描けるかは、毎回苦闘の連続でした。

それでも平均で一本書き終わるのに10分前後ではあるのですが。


途中疲れはしましたが、皆様の暖かいコメントで頑張れた事は紛れもない事実で、この場でお礼を言わせていただきます。


本当にありがとうございましたm(_ _)m


公式ユーザーは足跡がつかないのですが、実はコメントやいいねをいただいている方々のリンクはほぼ全員ちょくちょくのぞかせていただいております^^;。


ちなみにコントローラー導入部分では渋谷ハチ公前の青山からの紹介で始まっていますが、中に出てきた

「サスケ」

刑事は僕の別作品セブンズシーフのキャラでもあります。

セブンズシーフは高遠飴一嬢がデジタルコミック化してくれておりますので、良かったら読んでみてくださいね。

また全然違うテイストの作品なんですが。


そしてそろそろ字数も限られてきたので、皆様の気になる部分に触れますと…あの最終回はあくまで第一シリーズの最終回になります。


再開はまたそのうち。

次回は紛れもなく

コントローラーVs犯罪

という図式になります。

匠が犯罪とどう対決するのか…。

また、ブログ版と別に長編を書こうかと思っております。


藤沢さんも気に入っていただいているのでコミック化も視野に入っていますし。


明日からは“あの人”の文体で書いたショート前後編がスタートしますので、読んでいただければ幸いです。