かおりちゃん・あとがき

かおりちゃんはその昔聞いた話をヒントに、短編小説にしたものです。



元の話はもっと普通というか地味だったのですが、世の中にこんな気の使い方があるのかという話を書きたいなあと思ってこういうストーリーになりました。


僕はこんなに悲しい話を初めて書いたのですが、皆さんいかがでしたでしょうか。






そういえば哀唄のあとがきで、コメントに目を通していますかという質問をいただきましたが、全部読ませていただいておりますし、ご質問には漫画家さんに対して等も含めなるべくお返ししたいと思っております。



ただ、返信に関しましてはコメント欄にマメに書き込む事はちょっと難しく、読み物の中に入れる訳にもいかないので、こうして発言的なエントリの回に書き留めるのをお許しください。




ちなみに今回のお話は皆さん


『せつない』

『かなしい』



ばかりだった事に少々驚きました^_^;。



最初の回では成り行き&意図がわからないというリアクションのコメントが多かったですよね。


僕はどのジャンルでも先の読めない物を書かくというポリシーがあるので、その意味では成功だと言えるかもしれません。



同じくポリシーで、一つのジャンルにこだわらないというのもありますので、次回また違ったお話でエントリをあげたいと思います。




とりあえず明日明後日は藤沢さんと渋谷ハチ公前&芹沢氏とセブンズシーフについて書きたいと思います。



今回も読んでいただいてありがとうございましたm(_ _)m