哀唄Α慍翹の限度』

「合い鍵…作ったァ…?」

「だから平気!でも早めに帰ってね!」

「…………………」

切られた電話の受話器を耳にあてたまま、俺の茫然自失のスイッチはONのままに…。

「何が平気なんだよ…? 寝ている間に…合い鍵を作りに行ったってか…」

「あの…お客様、大丈夫ですか?」

“向こう”

の世界から呼び戻してくれたのは、マッサージ嬢だった。

「ああ、まだ途中ですけど、もういいんで時間最後までの分で会計してもらえます?

「よろしいんですか?」

「あと!」

「ハイ?」

「あなたの名前を教えてください!」

「まゆみです」

まゆみちゃんに再来を約束し、俺はやりきれない思いで店を出た。

「どうなってんだよチックショウ!」

渋谷の喫茶店の椅子をぶち壊さんばかりに腰掛けた俺は頭を整理する事にした。

「えーと…」


―蕕瓩堂颪辰親に泊まりに来た。

⇒眛嵐のような電話攻撃が100回以上。

2兇帰るまでマンションのエントランスで待ち続けていた。

ぁ犯瓦い拭彬椰佑糧韻量咾梁が御守り?として置いてあった。

タ欧討い覺屬鵬兇鷁箸旅腓じ阿鮠ー蠅忘遒辰討い拭

Δ修靴憧に上がり込んでいる。

最大の問題は以降、全て俺の意志が無視されている所にある。

そしてい琉枉鐇。

「…これは…もしかして…」

「ストーカーっすね」

「うわっびっくりさせんな中山!」

「さっき先輩が殴り座った直後からいましたよ」

「殴り座ったってどんな日本語だっつーの」

「暴力的って意味ですよ。それよりストーカー…」

「ああ…頭のネジが飛んだ女はお前の担当だと思っていたのによ…」

「ま…まあ自分は確かに多いですが…」

「どうすっかなあ。直接対決しか…ねぇか?」

「直接対決っすか!?」