諸事情により

アメブロをはじめてみましたのでよろしければご覧ください

『アウトロー』トム・クルーズ

希望コメントを頂いたのでGREEブログではお初になります映画レビューを書いてみようかなと。




トム・クルーズ最新作の今作は、軍人あがりの主人公ジャック・リーチャーが友人のスナイパーの冤罪をはらすために奮闘するヒーローものです。



トム・クルーズさんのヒーロー物と言えば



『ミッション・インポッシブル』



シリーズが有名ですが、こちらの作品は特殊アイテムも変装も出てきません。



かわりにカーアクションと体だけの激しいアクションがウリです。






暴力的なダークヒーロー…これは一昔前のシュワルツェネッガーさんや、最近だとトランスポーターのジェイソンさんがよく出演する映画のパターンですね。



男臭い殺伐とした雰囲気の漂うヒーロー物。




ので観てまず思ったのは



「トムはこういうの一回やりたかったんだろうなあ( ̄▽ ̄)」



と。




彼が演って来たのはどこか華のある華麗なアクション映画が多く、こうした殺伐的雰囲気の作品はあまり見かけないですよね。




ですからある意味新境地と言えるかもしれません。




ただ、トムさん自身が華のある人なのでやっぱり男臭いだけのアクションに終わっていないところがミソでした。





そもそもアウトローというタイトルから僕は


「ついにトム・クルーズも悪者を演じるのかあ(´・ω・`)」



と勝手に思い込んで観始めたのですが、これは全く的が外れて主人公はスーパー正義の人でした。



目的のためならあんまり手段を問わない所だけがアウトローだったというワケで(^_^;)。




欲を言えば、ヒロインともう少し感情的な絡みがあっても良かったかなあと。





ミッション・インポッシブルの5も制作決定したそうで、いつまでアクション映画を撮るのかわかりませんが、この映画はまぎれもなく彼のアクションロードに大きく刻まれる骨太作品と言えるでしょうね。




トム・クルーズさんは今回の来日で一瞬ご挨拶をする機会もあったんですが、さすがにハリウッドスターはオーラが凄くて。






僕も頑張りたいと思います(笑)

謹賀新年

あけましておめでとうございます




最近つぶやきばかりだったのでたまには長文バージョンで(^_^;)


年越しはですね、昨年と同じく六本木の会員制のダイニングで一人過ごしました。


お店の方々が身内みたいなものなので一人でも大丈夫なんです



一昨年の大晦日にかなり酔った女性に逆ナン?されたりした時も、間に入って助けて頂きましたし会員制なのでセキュリティが安心で僕は週何回かそこで飲んでおります




そして正月は今年の事業計画を考えたりしつつ、日本テレビ関係が配信を始めたハンターハンターや1月から配信が始まる僕のタイトル2作品の監修業務をやったり




プライベートな事は…パーソンオブインタレストというアメリカドラマの新作をイッキ観しつつゴールデンボンバー(大晦日のカウントダウンで初めて彼らを知ったのですが新曲がツボでした)の新曲を何度か見返して笑ってました




でも一人(^_^;)



いかんですねぇ。




ちなみに正月番組はほとんど観ず…年末の番組からはピックアップしていくつか観ましたね、イッテQとか。




食べ物は自炊で…お歳暮のハムをステーキにしたりとか




いつもよりちょっとだけ正月っぽかったですかね。






今年の抱負的なものは。



昨年秋からやり方を変えたので、仕事的にはまあ特に…



ここでバラしまえば、まずモアゲームスさんと日本テレビ絡みの女性向け恋愛ソーシャルゲームのプロジェクトを僕がトータルプロデュース&監修をする事になり、第一弾がGREEで1月25日から配信になります。



4月には第二弾もスタートしますしアニメにもなるかも?



また、その他ゲームは春過ぎからちょっと野球絡みもやる感じですね。



1月末からはセブンズシーフもモバゲーですが配信になりますし、ゲームが少し多くなったかなと。



なので仕事の抱負は特に無くて…個人的抱負を考えちゃいました。




まず!




独り者脱出(笑)



いやそろそろ深刻ですからね(-_-)




昨年はやった事が無いことをやろうという抱負だったのでレーシックからスカイダイビングまでやりましたが、今年は恋愛しなくてはと強く思います。



つまんない抱負ですみません(^_^;)



ともあれ今年もよろしくお願いします

いじめられたら

コラム一発目がこれなのはどうかなあ…。




僕が幼少の頃くらいからいじめで自殺するというニュースが増えたような気がします



いじめられた経験?



ありますよ、小学低学年の頃。



田舎で近所に子供がいなかったんで、対人のノウハウが無かったから少しの期間いじめられたような気がします。



今思えばたいしたいじめでもないですし、物心ついた頃に親にやられ続けた事の方がよほどひどかったのですっかり忘れてますが。




…これなんですよね、カギは。




基本、全てのいじめは当事者の被害者意識が天高くそびえ立っていて。



加害者は虫を殺すような気持ちでやっている。




学校も親も他人のせいにする事も多く。


でも、過ぎ去ってしまえば自分すらもたいした意識は持たない。



過ぎ去らず、そこにとどまる=自殺


そんな感じですよね。



それは誰が止めるか。




本人はもはや絶体絶命な訳で、親しか無いでしょう。






ですから、僕は当事者が死を選ぶなら、先生より先にご両親に責任があると思いますよ。



死後に学校のせいにするくらいなら、何故

『学校なんか行かせない』

くらいできなかったのか。



一緒に暮らしているのに本人とコンセンサスをとって救済措置を産み出せなかったのか。



そりゃ先生に問題もあるでしょう。



しかしやはり親御さんが理解してあげられない方が不思議です。



学校に行かせていれば教育は手放しという意識なんでしょうか?





もし僕に子供がいて、いじめられて学校に行きたくないと言ったら。



学校に払うお金を使って、一緒に世界を旅します。




世界には自分の目を疑うような景色や物事が山のようにあって。



それを見れば自分のやりたい事や知りたいという興味がわく事がきっと見つかります




そうした社会の



“勉強”



の方がよほどためになりますから。




見つからなかったら?



フフ…そりゃ見つかるまで旅をしますよ




そうした中で僕が教える事もたくさんありますし。




まあ、世界には学校なんていかなくても素晴らしい人は沢山います。



まずは両親が別の視点を持ってあげる事が必要なんじゃないでしょうか。




僕も学歴は無いですが、メディアの中枢で働けてますからね

グアム旅行記─悒哀▲爐泙如

「はい?」




韓国人と日本人の女の子2人組でした。




「写真とってもらえませんか」




「ああいいですよ」




シャッターを押せばいいのねとカメラを貰おうとする僕。




しかし渡してくれません。



「…あの?」



カメラを指差し不思議そうに顔を見る僕に、理解したかのような表情の女子。



「あ、あなたと撮って欲しいんです」




「…ハア(・_・;)?…わたし?」




「ハイ!」



「何故…(-_-)」



まあ最初にハイって言っちゃったから撮りましたが。




三重県と韓国から来たというお二人…三重と韓国で有名になったらどうしよう(笑)。





という訳で散歩も終了、GUCCIでiPhoneケースを買ってホテルに戻りました。





ラストバドワイザーの味わいに、僕は充実感と感傷にサンドイッチになりながら意識を失いました。









そして最後の朝。





8時に起きてお風呂に入り、牛乳を飲みベランダから海を眺めます。





「3日間早かったなあ」




グアムでベランダから海を眺めるのは恒例行事なのですが、今回は駆け足で予定を詰め込んだので、最後に回す事に。




恒例のBGMは稲葉浩志氏の




『遠くまで』




ゆったりとした曲と人生を見つめ直すかのような歌詞が波と相まって、僕は特別な世界に包まれます。





遠くまで。





まさにグアムまでやってきました。




1人で海外旅行なんて抵抗があったから今まで思っても見なかったですが、来て良かった。




「この五年間、嫌な事ばかりいろんな事があったなあ…」




何度も観て元気づけられたグアムの海は、変わらぬまま僕を迎えてくれました。



雨期なのに雨に当たらなかったり、滅多に遭遇しないsaleもやってたり…きっと今回は僕を歓迎してくれていたんじゃないかと勝手に思っております。




「ありがとうグアム…また冬に来るよ」




思わず僕はそう呟いていました。






夢の時間帯は終わり、チェックアウトして昼食に向かいます。



かつて常宿だったアウトリガーのビュッフェでお腹いっぱい食べて、僕は機上の人となったのです。





ところが日本について見ると…





「寒っ(」゜□゜)」なんだこりゃ」




日本はしばらく寒かった…(>_<)







おしまい