舞台『島左近』

  • 葵うらら 公式ブログ/舞台『島左近』 画像1
終わってしまいました。。。

ボーッとしてます( ̄^ ̄)(笑)



今回私は、遊女“雫”という役を演らせて頂きました☆

心に闇を持っていて、笑えない……実は、徳川家康の側室の娘“静姫”という、とても難しい役でした☆


自分なりに試行錯誤しながら……どぉすれば、姫の気品も損なわずに、笑わない遊女を演じられるか。。

しかも、島左近に見初められ、彼の人生を変えてしまうという、重要な役どころ。。




舞台の上で“雫”は生きてましたでしょうか?


女性の永遠のテーマである“憂い…しっとり感”を今後も探求して行きたいと思います(・∀・)ノ




共演者の皆様も本当に素敵な方ばかりで、お稽古場でも楽屋でも笑いが絶えませんでしたo(^∇^o)(o^∇^)o

“雫”を演れて本当にしあわせを感じています゜+。(*′∇`)。+゜



劇場にお越し下さったお客様、この舞台に携わって下さったスタッフの皆様、共演者の皆様、本当にありがとうございました!!!


☆雫☆



いつもお世話になっております常務さんから花束を頂きました(●´∀`●)/

ありがとうございます♪♪♪

今回写メをほとんど撮っていなくて(〇>_<)唯一の写メです〜〜〜!