真夏の死闘を終えて

  • アントニオ小猪木 公式ブログ/真夏の死闘を終えて 画像1
真夏の草野球。


とても辛かった。



子供の頃の草野球よりも辛く感じた。



11点差を追い付かれてのドロー。



長い長い野球も勝敗なしとはこの辛い思いは何だったのか。



でも反省も何もない。みんな頑張った。両軍最後まで頑張った。達成感も尽きるくらい力尽きた。いつでも倒れたい。



ドローでも両軍文句なかった。



この日の小猪木の成績は一番バッターで四連続四球と最終打席の左バッターボックスはセカンドゴロ。一打数ノーヒットだけど、仕方ない。




みんなで記念写真!




重症な熱中症にならず、最後まで本当に小疲れさんでした!