噛み合わない面白さも

  • アントニオ小猪木 公式ブログ/噛み合わない面白さも 画像1
リアルジャパンプロレス東京・後楽園ホール大会のメインイベント。


初代タイガーマスク対丸藤正道のシングルマッチ前に大仁田厚軍が乱入してきた。


盛り上がったというより、唖然という空気。前回、乱入して盛り上がった時とは、うって変わっての会場の空気だった。



そしてメインのゴング。初代タイガーマスクは大仁田厚軍に左膝を攻められて負傷気味での試合となった。



昭和スタイルのタイガーとガッチリ平成スタイルの丸藤選手の試合は、脂に乗る丸藤選手の独自の平成スタイルでタイガーを責めるも昭和スタイルの間のタイガーとは少し異なり、責め辛そうだったのが印象的だった。



でも小猪木的な目線はこの噛み合わない試合も好きで、そういう間の闘いも見入ってた。「丸藤どうするんだろ」って…。



結局、足を負傷したタイガーから初勝利した丸藤選手であったが、まだまだ不完全燃勝。


プロレス界でも抜群の運動神経の持ち主の丸藤選手にはどんどん昭和スタイルのレスラーからの間を盗んでもっともっと成長して欲しいと思った試合であった。



大きい間より、小さい間の方が試合のリズムを作れる。



これから丸藤選手の試合にも注目してみたいと思う。



写真は試合前の大仁田軍乱入で初代タイガーマスクが襲撃された写真。写真左はタイガーのマスクを付けて入場した丸藤正道。試合は素顔で闘った。