草野球の勝利は審判?

  • アントニオ小猪木 公式ブログ/草野球の勝利は審判? 画像1
秋の草野球の結果はよくわからない結果となった。グランドを時間で借りてるため、最後の回の表に逆転されたのだか、我々後攻の攻撃が時間切れのため、なくなったため、先攻の敵チームの逆転劇が無効となり、審判は我々の勝ちを宣した。


しかし、最後の敵チームのドデカイライトオーバーのスリーベースは満塁の走者一掃となる逆転劇で、我々もそこを讃え、敵が勝利でもよいと思ったくらいだった。


まあ楽しい野球をやれたことはよい。


審判も我々のような低レベルの草野球にも遊び心を持つジャッジで楽しくやれた。


最後の両軍並んでの挨拶の時は全員が楽しませてくれた審判に対し、大きな拍手を送った。



たまに審判も公式戦でもないレベルの低い草野球にもガチなジャッジをし過ぎてドン引きする審判もいるけど、こういう審判がいいな!



勝敗よりも楽しむ草野球でよいと思う。それがイヤだったらうまくなってよりレベルの高いチームに行けばよい!




審判のおかげで楽しかった!この日の勝利は審判でよいのではないか!



ダァーッ!