まだまだ序盤の第二試合

  • アントニオ小猪木 公式ブログ/まだまだ序盤の第二試合 画像1
アントニオ猪木率いるIGFプロレス『GEONOME21』大阪府立体育会館大会の第二試合。


冨宅飛駈(写真左)対毛利昭彦(写真右)の一戦は3分で試合が終わった。


期待していたカードだったが、どちらもいいとこなく終わってしまった感が強い。


冨宅選手はこのIGFの大舞台でパンクラス時代のムーブに期待したが、敗れてしまった。


毛利選手も次はプロレスでも安定した勝利に期待したい。