街コン最後の七軒目

  • アントニオ小猪木 公式ブログ/街コン最後の七軒目 画像1
岐阜での『飛騨高山街コン』も最後の店を回ることとなった。


本来、じゃんけん大会をやる二軒でおしまいの予定だったが、ここはボーナストラックではないが、おまけでもう一軒回ることができた。



最後の飛び込んだ店は『六本木』。


小猪木が高山市の小さな六本木にいくというのは最後に相応しい店だ。



というのもよく周りからはアントニオ猪木さんが東京の六本木での目撃情報をよく聞くから、なんとなく『六本木』という店が小猪木にとってラストな店で光栄と勝手に思っていている。些細なことでもモチベーションを上げるこたは大事なことだ!


時間的に恐らく19時過ぎくらい。さすがに街コンも日が暮れてきて太陽が沈む時間…



じゃんけんの景品のアイテムもなく、ここは小猪木裸一貫で飛び込んだ。




やっぱり都内でも小猪木は合コンの司会を務め、皆さんの出会いの協力や貢献ができたらよいなと日頃から思っているからこそ、ある意味社会貢献を目指してやってきている。その意識の成果というか、高山市への貢献や他の芸人よりも結果を残したいという思いも強くある中、ここの店では「男性が女性を誘いたいと思う者出てコーイ!」高らかに小猪木が叫ぶと一人の男性が立候補してくれた!


「もしよかったら僕と一緒に飲んで下さい!宜しくお願いします!」とある美女に叫んだ。



美女は受け入れてくれて、街コンならではの三組目のカップルが成立した!



その女性も大人だから、その受け入れには店内のみんなもハッピーに終われたと思う。本当に感謝だ。


街コンなどはこれでよい。



みんながハッピーな気分になれて楽しんで頂けたら幸いだ!



またこの様な街コンや合コン、店コンなど、全国各地で出会いという社会貢献できたら本当に嬉しいと思う。



いい仕事ができた!