特別ランバージャック戦

  • アントニオ小猪木 公式ブログ/特別ランバージャック戦 画像1
東京・後楽園ホールのリアルジャパンプロレスのメインイベント。


“虎戦士”初代タイガーマスク対“邪道”大仁田厚の注目の一騎打ちが行われた。


ルールは特別ランバージャックデスマッチ。


ランバージャックデスマッチとは場外に落ちたら、他のレスラーたちに即リングに戻され、場外乱戦が出来ない決着ルールなのだが、今回の試合前、大仁田側が電流爆破デスマッチを要求すると、タイガー側はランバージャックデスマッチを要求。大仁田側がそれを呑んだ上、特別ルールを要求した。


そのルールが自軍のコーナー側の場外に落おした場合はそのコーナーに控えるセコンドたちの攻撃を加えてもよいというルールとなっている。大仁田側のセコンド陣は凶器も見えている。


両選手がそれぞれの陣地に落ち、スタミナがなくなる中、大仁田側が持参していた有刺鉄線バットをタイガーに奪われ、殴打された!


自ら持参した凶器攻撃を喰らった大仁田厚はそのままフォール負け!



初代タイガーマスクに凱歌が上がった!



二人の30年越しの一騎打ちはこうして決着が着いたのだった!



 
  • コメント(全3件)
  • サッキー 
    6/25 13:59

    そうなんだ。
  • わんちゃん 
    6/25 14:37

    ええや
  • しゅう 
    6/25 14:56

    策士策に溺れるってヤツね


    ホントなら30年前にJr.ヘビー級チャンピオン同士のそれらしい試合をしたかったのだろうし…

    そういう試合が見たかったなぁ…(´ω`)
  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)