納得の負け試合

  • アントニオ小猪木 公式ブログ/納得の負け試合 画像1
さて、人数の足りない草野球だが、相手から助っ人一人と守備を入れ替わりで、敵から借りてなんとか試合は成立した。


小猪木は先発投手で4回6失点。まあいつも通り、守備の乱れから一発大きいのをもらうパターンだが、小猪木は動揺しない。


ただ投手の経験がないから、以外にもボークが多く、審判に注意された。

ピッチャーは難しい…。

スタミナと折れない心はイッパシなんだけど、センスがなぁ…。


で打線の方もチームが沈黙…。


小猪木は一番バッターで第一打席、フルカウントからファウルで粘っての四球で一番バッターらしい出塁。


第二打席は二死満塁のチャンスに緩い球を待ちきれず強振。強い当たりだったが、一塁ゴロに倒れる。


第三打席、またも二死満塁。第一球目、外側のボール球をストライク言われる。
草野球でよくあるのが、ストライクゾーンが審判によってデカイ時がある。

こちらの判断で確実ボールという球を「ストライク!」と言われると計算が乱れる時がある。
第二球に打ちにいったらイージーな捕手フライでお粗末アウト。


第四打席、ヒットは絶対に打ちたい小猪木。


小猪木の前のバッターが、ここまでチーム二本目(打てな過ぎ!)のランナー二塁において、4点差の1点を返して、草野球ならではの大量得点のきっかけを作りたい!


しかし、二塁ランナーの暴走で牽制アウト!


草野球では珍しいが、我々のチームは走塁ミスも多い!


一死走者無しで小猪木が自分でも納得できる待ってた直球を華麗なる流し打ちのレフト前ヒット(情けないが、この試合チーム3本目)を放ち、納得の一本がようやく出た。


とりあえず一本ヒットが出てホッとした。


しかも、ショートの頭を越えてのレフト前だから一番バッターらしいだろ。盗塁3、得点1だし。




まあこのまま反撃もできずに6対2で負けてしまったが、人数が足りない時点でも負けだから今回は仕方がない…。


相手チームには本当に感謝だ。


また翌日も草野球あるから頑張ろう!