石の上にも三年以上

  • アントニオ小猪木 公式ブログ/石の上にも三年以上 画像1
この日はアルゼンチンタンゴのレッスン。


この三月でタンゴを始めて丁度三年になる。


今思えばタンゴを始めたくて始めた訳ではない。


ダンサーの夏美れい(写真)にたまたま誘われて、なんとなく始めただけで気付くと三年の月日が経っていた…。


このダンス難し過ぎて、よくわからないまま、月日が経つ。


ただこの日のレッスンは自分なりに掴めたレッスンとなった。


思い起こせばもう三年。

でもまだ三年。


サルサも経験したが、全然リードが違う。


でも何でタンゴを続けるのか…。


理由はない。


縁だけと思っている。


縁て不思議だ。


18歳の時にジャスダンスを習っていなかったら、この縁もないだろう…。その後もサルサを少し、かじってなかったらないだろう…。


もしかしたら猪木モノマネもそうかもしれない…。

人との縁もそうかもしれない。


縁て“点と点が繋がってる”ということかもしれないな…。


ということは物事全て、点と点が繋がっての人生なんだな…。


「石の上にも三年」という言葉があるが、タンゴは三年どころでなく、それ以上掛かりそうだ…。


アハハ。


楽しんで笑いながらやればいい!それが一番!