再試合から再々試合へ

  • アントニオ小猪木 公式ブログ/再試合から再々試合へ 画像1
東京・新宿FACEでの西口プロレス創立11周年記念興行セミファイナル。

西口プロレス11周年特別タッグマッチ、アントニオ小猪木&世界のうめざわ組対ジャイアント小馬場&超能力少年ダイジ組の一戦は両軍リングアウトのドローとなり、延長戦となった。



しかし、再試合のゴング直後に、小馬場の11文キックがうめざわにカウンターで決まってカウント3!

僅か5秒くらいで決まってしまい試合終了。


この決着に納得のいかない世界のうめざわは「カウント2だろ!」と猛抗議!


記念試合で数秒決着は客も納得出来ない。


小猪木も抗議!


勝ったダイジはまだ出番がない…。


レフェリーのポーク林も、今回の11周年記念試合ということで再々試合を認めた!