元Kー1対決ゴング!

  • アントニオ小猪木 公式ブログ/元Kー1対決ゴング! 画像1
アントニオ猪木率いるIGFプロレス「GENOME18」東京ドームシティホールの注目のメインイベント、元Kー1エース対決、ジェロム・レ・バンナ(写真右)対ピーター・アーツ(写真左)のIGF選手権試合が行われた。


Kー1時代はアーツの方が数々のタイトルを獲得しており、今のIGFでは、バンナの方がチャンピオンだ。


ルールはKー1ルールとは異なり、1R3分15回戦、寝技あり、ロープブレイクあり、グローブを外すことも認められている(ただし、一度外したら、再度の着用は不可)。


元Kー1戦士が、こうしてプロレスのメインイベントで、しかもタイトルマッチを行うというのも時代の流れを感じてしまう。


そもそも元々、IWGPは世界の格闘技の王者が、世界を統一するというのを掲げていた。


今回、王座はIGF王座だが、アントニオ猪木ならではの理想が実現したと言っても過言ではない。


さて、元Kー1エース対決のゴングが鳴った!