闘魂とは何か!?

  • アントニオ小猪木 公式ブログ/闘魂とは何か!? 画像1
東京ドームシティホールでのアントニオ猪木率いるIGFプロレス「GENOME18」の第二試合は、キックボクシングで角谷正義選手(写真右)が出てきた。


角谷選手はIGFの初登場で、勝ち負けを越えた殴り合いのシーソーゲームを展開!それが高評価を得て、IGFにレギュラー出場している。


角谷選手の試合を観ていて、“闘魂”について考えさせられた…。


その“闘魂”とは何か…。


“真っ赤に爆発する怒りの魂'だけではなく、“静かに青白く、小さく燃やす炎”も大事といいのも再確認できた…。


この"静と動”の二つのバランスが大事である。


怒りを爆発する勝負時を逃さないように、集中力と煮えたぎる怒りを青白く静かにためておかないといけない。


でないと“闘魂"は上手く噴火せず、空回りしてしまうだろう。

“闘魂”は常に大爆発を維持できない。


静も闘魂、動も闘魂!


“静の怒り”と“動の怒り”のバランスこそ、“闘魂”だ!


二つのバランスがよければ、闘魂に感情移入が入る!


そして大事なのは“静”。

“静”がないと“動”の爆発はない…。


それが表現できたら、力道山、アントニオ猪木、ブルース・リーの様に美しく闘える…。


“闘魂”とは本当に奥が深い…。