ライバルが多いこと

  • アントニオ小猪木 公式ブログ/ライバルが多いこと 画像1
東京・中野のぶるちゃんで『ブル中野引退興行“女帝”打ち上げパーティー』は盛大に盛り上がった。


写真撮影会やシャンパン、ケーキが贈呈された後は、ブルさんのトークショーも開催した。


ブルさんの苦労話を聞いたりしたが、小猪木的の感想は一流というのはライバルが多いのではないかと思った。


天敵や目の上のタンコブ的な存在を如何にライバルにするか…。


その時は目の上のタンコブかもしれないが、後に気付けば自分を大きく成長させてるのかもしれない。



だから日常でも嫌な先生や上司、そしてよく比較されたり、自分よりもすぐれている回りの友達や小うるさい知り合いが回りにいたら、うまいこと自分のライバルと思えば、器量も膨らみ、大きく成長できるかもしれないと思った。



ブルさんも常時、ライバルが多数いた。



そう思うと素晴らしい人生になるかもしれない…。


ブルさん本当に小疲れさまでした!