寒空の年越前での激突

  • アントニオ小猪木 公式ブログ/寒空の年越前での激突 画像1
西口プロレスが茨城・水戸偕楽園公園猩猩梅林(しょうじょうばいりん)で『復興支援イベント2011〜2012年末年越しカウントダウン「ライトアップMITO」』にイベントに登場。

メインで小IWチービーヘビー級選手権試合、王者小猪木対挑戦者小馬場の一騎打ちが行われた。


小馬場とは第10回西口プロレス最強タッグ決定リーグ戦で優勝したパートナー。

今度は一騎打ちとなる。


今回、凍ったリングで裸で闘っていて、プロレスで体を動かしているにも関わらず、左足の末端の感覚がおかしくなってきた。

凍傷になりかけてる…。


試合は10分近く闘い、寒さに弱い小馬場が最後、スタミナ切れで左足末端の神経のない状態での延髄斬り(小猪木は左利き)で決め、逆転勝利した。


これで小IWチービーヘビー級王座17度目の防衛に成功し、西口プロレスのラブセクシー・ローズの持つ連続防衛記録に並んだ!

ローズは4年掛かったが、小猪木は10ヶ月でのスピード防衛となる。


西口マット内のシングル王座の記録に並んだ!


とりあえず、カウントダウンまであと30分。


一旦、控室に戻り、暖をとらないと!