流血の控室

  • アントニオ小猪木 公式ブログ/流血の控室 画像1
格闘技イベントGLADIATOR兵庫・洲本市民交流センター体育館大会での日韓対抗戦異種格闘技戦、アントニオ小猪木対ハム・ソヒ戦の試合後の控室。


本当はもっと大量な流血だったが、ドクターに拭かれてしまったため、この写真しかない。



そういえば、格闘技は流血を即拭くけど、プロレスって試合終わっても拭かないんだなあ…。



今回も鼻の奥の喉元まで血を感じたが、今は止まったようだ…。まあ骨には異常ないからよかった。鼻と口から血の塊を出したらもう楽になった。


それにしても今年は6月脳震盪、7月頚椎捻挫、8月鼻大流血と少し、怪我が多い…



全て大事に至っていないのが幸いだが、気をつけなければ…。



まあ、小猪木はもう大丈夫ダァーッ!