夏の関節技セミナー

  • アントニオ小猪木 公式ブログ/夏の関節技セミナー 画像1
藤原組関節技セミナーに2ヶ月振りに参加。


今回は仕事がバタつき、1時間遅れての参加。



夏の関節技セミナーと言えば、思い出すのが、93〜95年くらいの真夏の旧藤原組関節技セミナーの時、藤原組道場はエアコン完備もない状況でセミナー生も暑さにバテ始め、セミナーにならない時、藤原組長が「なんだ!お前らダラしねえなあ!じゃああのー、土手に散歩行くぞ!」って近くの土手に行ったのを覚えている。あの頃は100人弱セミナー生がいた。


90年代初期はまだプロレスも総合格闘技を圧倒しており、UWF人気が爆発していた


とにかくあの頃の藤原組も熱くて楽しかった!



選手とファンの交流も沢山あり、組長のトークを聞いたり、汗かいたりした。



組長も素人相手にえげつなく、関節地獄を味わせていたし、みんな体がボロボロになってもそれが本当に楽しかった!


弁当もハンパなくデカイ上、豚汁にビールにと出てきて、それを夏の暑さに運動でバテた時の食欲がないにもかかわらず、頑張って食べた記憶も忘れられない。



あの頃の仲間に会って、汗かいたり、熱く語り合ったりしたいと思いながら、セミナーを楽しむ小猪木であった。


是非、セミナーを受けたいという方は格闘探偵団バトラーツのHPを見て下さい。



皮膚感覚を通じ、人の痛みを知るのも体の勉強や社会勉強になると思う。



格闘技未経験でもやれるセミナーです。