後輩達の解説で

  • アントニオ小猪木 公式ブログ/後輩達の解説で 画像1
西口プロレスの若手の大会『西口ドア』の解説者を務めてきた。今年の2月大会以来の解説となる。


久々に見た若手たちは伸び伸びとやっていたのはよいのだが、見ていてみんな同じに見えてしまった。


まだまだイケイケのところが見たいが、どのようにアドバイスをしたらよいか…考えてしまう。


そんな中、今大会に西口プロレスヘビー級王者で、若手から見たら大先輩にあたるラブセクシー・ローズが登場した。


ローズは西口内ではハードヒッターだ。そう思うといくらお笑いプロレスの西口ドアでもハードファイターがいない。


そのローズのクラッシュなファイトがすがすがしく爽快に感じた。


後輩たちもお笑いプロレスでももう少しイケイケでやって欲しい。



逆に言えばグダグダプロレスでも成立させなければならない。



西口プロレスでも今、寺本英和対織田浩義のグダグダプロレスが目茶苦茶面白い!じいさんみたいなキャラの寺本とガリガリで男としてキャシャな織田の一騎打ちが本当に面白い。こんな形の面白さもあるんだなあと感心した。世界のうめざわもこないだ面白かった!



ラブセクシー・ローズも西口プロレスだし、寺本対織田も西口プロレスだ!


若手にはまず沢山試行錯誤して、いい試合の答えを見出だして欲しいと思った。



この大会もダメではなかったが、起爆となる試合がローズ以外はいなかった。だからこそ期待できると信じている。



写真は左から西口ドアCEOのぴんぽんず「最高」川本、エグゼクティブプロデューサーのアントニオ小猪木、実況のガラ林、解説のユンボ安藤。


東京・新宿ロフトプラスワンにて。