注目の選手発見!

  • アントニオ小猪木 公式ブログ/注目の選手発見! 画像1
東京・後楽園ホール、ダイヤモンドグローブのメインエベント。


日本&東洋太平洋ウエルター級タイトルマッチ

<王者>井上庸vs<挑戦者>渡部あきのりの一戦。



まずは挑戦者がヤル気を見せ、元気に堂々たる姿を見せつけた渡部あきのりが入場してきた。


まずここで小猪木が注目したのは、渡部の元気な“陽”の部分全開に入場してきたことに対し、入場曲がブルース調だったということ。


入場テーマとは恐らく好きな曲、または自分が乗れる曲で入場している筈だ。ブルースは“隠”のリズムが強いから、彼の心は“隠”で、体が“陽”という“隠と陽”の心身のバランスが整ってる選手ではなかろうかと注目した。



かたや王者井上はポーカーフェースで落ち着いた物腰。恐らくいつもと同じ平常心でリングに挑む。そう見える。



渡部は左利きでパワーがありそうなパンチを次々と繰り出し、王者を完封。


2Rに渡部が豪快に勝利した。



心身共にバランスがよかった挑戦者が勝利したが、もしかしたら王者は大事な初防衛戦に緊張感を出し過ぎたか、落ち着き過ぎたのかという面が裏目に出てしまったと予測する。


ただこれは小猪木の予想に過ぎないので、真実は何とも言えないが、こうして試合までの背景や、選手に成り切ったり、感情移入を抱いたり、投影したり、そこから予想したりして、見ていて吸い込まれるものがあるから格闘技は面白い。



この日の後楽園は盛り上がった!



ボクシングもキックも総合格闘技もプロレスも緊張感のあるリングが甦り、熱くさせる試合が増えてくれたらと…心から願う小猪木であった。



写真は新二冠王者の渡部あきのり。



素晴らしい試合だった!