停電直撃

  • アントニオ小猪木 公式ブログ/停電直撃 画像1
東京郊外にいた為、計画停電に直撃した。


突然電気が消え、静かになった。


街に灯がなくなった。


だが、鳥目になるほどの暗さではない。空は曇っていたのに以外と街は暗くなかった


なんか物静かで、神秘的で、物思いに耽たり、静かだった昔の夜を思い出したりして、逆にいい体験が出来た。恐怖や不安に陥らず、なんか考え方を変えれたからよかった。



恵まれた生活を当たり前のようにしている現在、便利を再確認でき、逆に不便な境遇というのは、いろんなこと学べると思えた。だから現在がある。


ろうそくの炎をゆっくり見つめる自分がいた。


苦境の中に見つけるポジティブ。



疲弊せず、こういうポジティブな連鎖反応を起こしていけたらよいと思った。



元気と勇気、優しさと思いやりを持って…。