韓国オバチャンたち

  • アントニオ小猪木 公式ブログ/韓国オバチャンたち 画像1
小元気ですか〜っ!?


韓国では買い物も行った。


まず生肉を売ってるオバチャンに韓国語で肉を勧められた。


「私はジャパニーズ。観光だ。」と伝えたが、向こうは「OKOK」と言ってたが、あの様子は解ってなさそう…。



観光だから生肉は基本的には買わないだろうと身振り手振りで伝えたのだが…言葉が通じなくても空気読んだら解るだろ?


「フライパンがないから肉はいらない!」と伝えたら、オバチャンには「フライパン」は伝わったらしく、「フルイパン?OK!」と言い出し、店内のフライパン売場を案内し始めた。


更に小猪木は「ホテルだから、フライパン買ってもホテルの部屋にはガスコンロがないからダメだ!」と伝えると「ガス」は伝わったらしく、「ゲス?ゲスOK!」と言って、今度はガスコンロ売場を案内し始めた。

このオバチャンには言葉が通じないからキリがない…小猪木は現場脱出!



続いて違うオバチャンがニコニコ近づいてきた。今度はカードを作らないかみたいな感じの勧誘だ。全く言葉が解らない。何だか色々と言ってたが「チチャン!チチャン!」と言ってたが、何だろう…。小猪木も韓国オバチャンのトークにキョトンするのが精一杯…アゴも引っ込むわ!

後に日本語の解る韓国人に聞いたら「“チチャン”は恐らく“職業”のことを言ってるのではないか?カードを作るのに仕事は何やってますか?と聞かれたのでは?」と言われた。


またテクテク歩いてるとまた違うオバチャンが寄ってきた。今度は日本語で話し掛けてきた。ただ店内をブラブラしたかっただけなのに、いきなり土産に韓国海苔を勧められた。まだ小猪木は店内を何も見れてない!カゴを持ってきてくれたオバチャン。韓国海苔の次に韓国茶も薦められた。まあ、これは土産になると思い、この二品を持ってレジまで向かった。途中の間にキムチ、韓国饅頭、高麗人参、違う韓国海苔、お守り…と勧めて来ており、とカゴの中はいつの間にか一杯に…。レジ時には大量になっていた。


「金はないから…」と少ない金を見せたら「この額ならまだ買える!大丈夫!」と言って、どんどん持ってきた。


小猪木は「オイオイ、帰りに日本円にもするし、全額使うことないだろ!」と言うと「日本円でも承るから大丈夫!」とまで言い出した。更にカードもOKだと…。全財産言ったらここで買わなければならないのか!?



韓国のオバチャンは大阪のオバハンに似てるようにも思った。髪型から服装、そしてノリまで…。


でも韓国オバチャンたちのしゃしゃり出はギャグマンとして見習うものがある!



でも全てが小さな思い出だ。


楽しい韓国!


どうだい?


写真は今回の話に当て嵌まるものがないから、韓国の屋台のソーセージを買った時の写真ダァーッ!