不思議な兄ちゃん

  • アントニオ小猪木 公式ブログ/不思議な兄ちゃん 画像1
小元気ですか〜っ!?



こないだ、夜の歌舞伎町を歩いていたら、助けを求める男性がいた。


話し掛けてみると、歩けないから肩を貸してくれという。



彼は歩く歩けないのレベルでない。杖や車椅子などないと歩けないレベルだ。


ていうか、何故、こんな路上に杖も車椅子もなく歩いてこれたのか不思議なくらい。



飲んでる席で、杖を忘れたか無くしたかしたらしい。


そんなことってあるのか!?


仲間とケンカでもして店を出てきちゃったのかな?

だとしても不自然だ。


ただ、彼も怪しいと思えば怪しいが、困っている人間を見て、放っておけないだろう


肩を貸すが顔を歪ませて歩けなそう。彼も「コノヤロー」と、痛いのを我慢しながら自分に言い聞かせて歩いていた。



ここまで何で(どぉーやって)来たのか聞いてみた。


彼は『気合いで…』と答えていた。



うーん…、『気合い』とかでなく、ここまで来た手段を聞きたかったのだが…。





今思うとホントに飲みの仲間はいなかったのか…。


杖は何故無くしたのか…。


保護者などはいなかったのか…。



不思議なヤツだったが、とりあえず、駅の電車まで肩貸してやって、後は駅員に任せて、乗車させて帰らせた。



もう二度と会うことは出来ないだろうけど、またあの兄ちゃんに会ってみたいな…。



そんな新宿の夜だった…。



もう杖を無くすんじゃないよ!




どうだい?