司会からラジオ、ジャムへ

  • アントニオ小猪木 公式ブログ/司会からラジオ、ジャムへ 画像1
小元気ですか〜っ!?



大阪・心斎橋元祖無法松『元祖無法松新年会あびこめぐみライブ』にて司会を務めていたアントニオ小猪木。


構成は第一部、第二部とあびこめぐみとギタリストのヨッシーとのライブ、第三部は緊急企画で公開ラジオ。あびこめぐみの旦那、プロレスラーの日高郁人選手も緊急登場した。


このまま第三部は終われないから、小猪木も交じってジャムをした。



まずはあびこめぐみが唄う『涙そうそう』にギターのヨッシーは勿論の事、小猪木がハーモニカでセッション。


『涙そうそう』など、奏でたことない小猪木だがよくぞ、本番で吹けたもんだ!



次にステージにあった太鼓(写真左、小猪木の叩いてる太鼓)でアントニオ猪木の唄う『道』を唄って、メドレーであびこめぐみの沖縄民謡で締めた。


アンコールも起きて、太鼓セッション。



最近、音楽イベントに呼ばれるようになった小猪木も、ミュージシャンとジャムできて嬉しく思う。



あるミュージシャンが言ってたんだ。

「人間は誰でも音楽が出来る。楽器を使えなければ唄えばいい。それでもダメなら手拍子をすればよい。音楽は競うものでなく、みんなで楽しむもの」と教えてくれた人がいた。


その考えになってから不思議と音楽イベントにも呼ばれるようになった。


プロレスとダンスと音楽は似てるから楽しい。

ミュージシャンありがとう。皆凄いよ。


どうだい?