クミおばさんの台所家

  • アントニオ小猪木 公式ブログ/クミおばさんの台所家 画像1
小元気ですか〜っ!?



福島県の泉駅すぐの『クミおばさんの台所家』という店で打ち上げをした。


今回の同行してくれたスタッフさんの紹介の店で、いつものオープンより、早く開けてくれた。


早速、クミおばさんが元気に大歓迎してくれた。正に家庭的な店に、家庭的なおばさんだ。


なんか息子が沢山いたりするおかあちゃんのイメージや、または男子寮とかの肝っ玉おばちゃんみたいなイメージ。


一人でカウンターで飲んでても、クミおばさんが愚痴を聞いてくれたり、癒してくれたり、時には叱ってくれそうな、サッパリ系のイメージのおばちゃんだ。


店にはサラリーマンは勿論のこと、若い女の子もクミおばさんに会いに来るみたいだ

店内は薄茶の壁にムーディーなライトがいくつかあり、淡いピンクの花が飾られてたり、淡いグリーンのカーテンがあったりと、女性のセンスも見えたりする。ジャズが流れてた。


料理はお通しで、タラのムニエルが出てきた(写真)。


お通しでいきなりムニエルとは…料理にも自信ありか。流石はクミおばさん。ふところがデカい!


やはりいわきは海沿いということで、魚が名物。


鮭のホイル焼き、さんま焼き、いわしめんたい、どれも美味しかったし、だし巻き玉子もエリンギバターもグラタンコロッケも他のメニューも、美味しく平らげた。



クミおばさんもご機嫌なおばさんだったし、今回、仕事のスタッフも皆、楽しいメンバーだった。


特急の時間があまりなく、この店やスタッフともお別れの時間が来てしまった。


この泉駅周辺も静かな駅付近だが、この『クミおばさんの台所家』。また来たいな。



8月は花火も有名らしい。


クミおばさんの料理で胃袋も心も鷲掴みにされた気分で、機嫌よく帰京する小猪木であった。



どうだい?